アロマテラピーのプライベートサロンをやっています。
精油の事やサロンの事を書いています!
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
臨床アロマテラピーの工夫と実践

12月のセミナー内容です。

 

臨床アロマテラピーここでは心を扱う現場からの報告でした。

 

 愎誉犬鮗臑療に生きる主人公は、目の前にいるその人自身である』

 

目の前の人その方の選択を尊重することが大切。

 

アロマテラピーにおいても、思想や嗜好に合わせ

 

その方が本来有する力や資源を最大限に活かす。

 

物事(他人の選択)に従うことは、無力感や抑うつ感を生むので

 

個人の選択を尊重し、自尊感情や自尊効力感を高める。

 

けれど、人は繋がりの中(社会)の存在である。

 

家族・職場・組織・グループそして地球の一員。

 

それを無視してはいけない。

 

⊃肝兎皺淵ウンセリング現場からの報告

 

よく受ける質問があるそうで

 

*抗不安作用のある精油で不安感はおさまるのか?

*ラベンダーで不眠を改善できるか?

*精神疾患にアロマテラピーは有効なのか?

 

このような質問が多い。

 

サロンでも同じような質問は日々繰り返されます。

 

最近では研究が進み、論文が数多く発表されている。

 

有意差がある論文もあれば、有意差なしの論文ももちろんある。

 

精油自体が様々な症例に必ずしも有意差を出すとはいえない様子。

 

精油は嗜好品のひとつ。QOL(生活の質)を向上させたり

 

心身のセルフケアに使うためのもの。それにプラス精油成分に存在する

 

薬理作用の恩恵をうけることができる。でもそれはあくまで個人差があるので

 

薬のように一様に結果はでないし、同じ人でも体調・環境などで全く違ってくる。

 

それが精油の面白いところだと私個人は思って、日々使っている。

 

それよりは、ソーシャルスキルトレーニングの緊張や不安の緩和に役立つ。

 

そして、治療者や施術者の接し方が大きく影響しているとのこと。

 

現場では患者さん本人が選択する精油を使って

 

認知行動療法・イメージセラピー・アートセラピー

 

生活リズム・楽しみ・生きがい創出に役立てているとのこと。

 

よくある質問にたいする話し手の考え

 

*抗不安作用のある精油で不安感はおさまるのか?

 

不安を感じる自分に不安を抱いているので、患者さまの感じる

不安を尊重し、不安を感じるのはおかしなことでは無いと

安心してもらう、その際に精油を使う。

 

*ラベンダーで不眠は改善できるのか?

 

なぜ睡眠に問題があるのかを考えることが先決

眠る時にリラックスできるように精油を使う。

 

*精神疾患に精油は有効か?

 

嗅覚の情動への働きかけがポイント

個人個人、香りを嗅いだ時の反応が違うので

その反応を尊重することで、多様に活用できる。

(反応の違いは、育ってきた環境・時代・記憶・体調

 様々な要因の影響を受ける)

 

ぅ▲蹈泪謄薀圈爾鬟哀襦璽廛錙璽で利用する

 

場作り⇒安心できる場所(自由・安全)⇒存在し続ける(寄り添うことを表現)

表現を奨励し、分かち合いを楽しむ。

参加者の共通テーマになる精油を選ぶ。

 

ゥ▲蹈泪謄薀圈爾鬟好肇譽好吋△僕用する

 

対象者に馴染みやすい方法(使い方)は何か?

嗅覚・自然・タッチ

(芳香浴なのか?クラフトなのか?ハーブを育てることか?マッサージなのか?)

 

Ε曠螢好謄ックアロマテラピーの試行錯誤とこれからの可能性

 

文献による言い伝えから、研究論文と応用・臨床をベースにしたアロマテラピーへ

 

和製油の広がり

 

アロマテラピーの専門家として連携

 

(以上 AEAJ主催アロマセミナー鹿児島 臨床心理士/アロマセラピスト 松尾祥子氏のセミナーより)

 

現在 私も大変関心のあるテーマだった。

 

セミナーを聞いていて一番かんじたことは

 

『個人に寄り添う』ことがセラピストに求められているのだな・・・と。

 

間違っていなかったのだなぁと。

 

『反応の個人差』を上手く利用することがポイント。

 

寄り添ったうえで、本人の選択を邪魔せず、うまく拾い上げていく。

 

このスキルを上げていこうと思ったセミナー内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然治癒力を高める呼吸&睡眠法

12月に参加したセミナーの内容です。

(遅くなってスミマセン汗

 

東洋医学からみた呼吸法&睡眠法についてです。

 

,泙困賄賤琉絣悗隆靄棔慇叉は澄戮里海函

 

『気』とは天地間を満たし、宇宙を構成する基本と考えられるもの。

 

森羅万象の根本であり、人体を生成し生命維持をおこなう・・・

 

私はエネルギー体ということだと理解しました。

 

『精』これは人体内に存在し、体外から『気』を取り込み

 

精気を体内に巡らせることで、臓器を栄養する・・・

 

これが『精気論』という考え方。

 

『精』には先天の精(両親より得た精)と後天の精(食事や呼吸により得る精)

 

があるらしい。

 

精は後天的に伸ばすことができるらしいので精進するというのかもね〜

 

『経絡』とは、『精気』の通り道で、『経穴(ツボ)』は『気』を取り込むポイント

 

鍼灸・按摩・指圧・漢方薬は『精気』を巡らせる方法となる。

 

『精』が多く溜まる部位は、『骨』と『関節』なんだそう。

 

『精気』を体内で巡らせるために必要なことは『食事』と『呼吸』!!

 

滞りは良くないので巡らせないといけない、これは色々な考え方に共通しますね〜

 

△海海ら呼吸法について

 

自然治癒力を高める呼吸法は

 

1.鼻呼吸

2.腹式呼吸

3.ピストン呼吸

 

鼻は吸った空気から菌を取り除き、温度・湿度を最適な状態にして

 

肺へ送り込みます。

 

それに比べ口呼吸は弊害があります。

 

まず口は消化器なので、菌を取り除くフィルターが存在しない。

 

温度・湿度調整もできないので外気をそのまま肺へ送る。

 

口が乾燥する、冷えると扁桃腺がダメージを受け、免疫力低下の可能性も。

 

だから、鼻で呼吸を!

 

私もだけど、現代人は本当に呼吸が浅い! 呼吸することを意識した方が良いですね

 

今度は睡眠法

 

寝具の選び方・・寝返りをうちやすいものを(寝返りは大切らしいです)

 

室温は一定にしておく方が良い。

 

お腹に腹巻き  くるぶしを守るために”くるぶしくつした”を!

 

睡眠時に靴下をはくと、体温調節が上手くいかず

 

睡眠の質を下げるおそれがあります。

 

そこで つま先はあいている”くるぶしくつした”が良いらしい。

 

私も作ってみました。

 

くるぶしくつした

(つまさきを切って使います)

 

睡眠は本当に大切です! 私は睡眠に良いことはなるべく取り入れます!!

 

★まとめ★

 

日常から鼻呼吸・腹式呼吸を心掛ける。

 

三首を温める。(首、手首、足首)

 

寝る時は快適環境をつくり、腹巻き・くるぶしくつしたで寝る。

 

寝る時も鼻呼吸!

 

これで 感染症に負けない自然治癒力を手に入れられる!!

 

(以上 AEAJアロマセミナー鹿児島 和奏漢方堂院長:橋本和也氏のセミナーから)

 

私は、以前から冬場は腹巻きしています。

 

今回 自作した”くるぶしくつした”をはいて寝るととても快適です!

 

起きた時に、今までより冷えを感じません。

 

使い古しの靴下で作れますので是非お試しを!!

(作るってほどじゃないです、切るだけだから・・・)

 

 

 

光毒性について

知人Aさんからとても残念な話を聞きました。

 

Aさんの同僚Bさんが
『ベルガモット精油の原液を肌(お顏)に直接つけてしまいシミになってしまった』

というものでした。
同僚のBさん、アロマテラピーの勉強をしていたと聞きます。
なぜ?なぜ?なぜ?
私の疑問はたくさん沸き上がってきます。

まず、どうして精油の原液を顔につけてしまったのでしょうか?
精油は通常、希釈(薄めて)して使用するものです。
原液を使用する事はありません。

 

次に、どうしてベルガモットだったのか?
ベルガモット精油はたくさんある精油の中で最も『光毒性』に注意が必要な精油になります。
(『光毒性』とは「精油に含まれる成分が紫外線にあたると炎症を起こす可能性」

  の事をいいます)
ベルガモット精油は原則 日中に肌(もちろん顔も)に使用するのは避けます。
それを目立つ顔に使うとは・・・
吹き出物対策だったと聞きましたが、他にいくらでも適している精油は存在するのに・・・
(ベルガモットにはベルガモットFCFといって、

 光毒性に関係する成分を除去した精油も販売されてはいますが、

 まったくその成分が検出されない訳ではないのです・・・)
それでも原液塗布はNGです。

(詳しい光毒性についてはこちらの記事を参照してみてください)


そして一番の疑問!
いったいどこでアロマテラピーの勉強をしたのか???
何を学んだのか?
Bさんと直接お話していないので何ともいえないですが・・・
でも 本当に残念です。

今はネットで検索すれば、アロマテラピーの情報もいくらでも手に入ります。
その情報が正しいのか?使う側に選択力や判断力を求められます。
でもBさんは、どこかにお金を払って学んだと思うのです。
なのに必要な知識を習得できていないと言わざるを得ません。
同じアロマテラピーを教える仕事をしている者として、非常に残念です。
せっかく役に立つと思って始めたはずのBさん、アロマテラピーを嫌いになってほしくないです。

アロマテラピーを愛するものとして
このようなトラブルが少しでも減るように
ネットだけでは手に出来ない知識や情報を
提供できるように地道に活動していきたいと改めて思う出来事でした。

 

追記:

この記事を読むと『ベルガモット精油はこわ〜い』みたいな感じになってしまいますが
それは誤解です。使い方が間違っているだけです。
ベルガモット精油はストレス緩和や心身のバランス調整にとても役立つ精油です!!

夏だから 光毒性・・・

精油で人気のある”柑橘系”の香り

 

スイートオレンジ、レモン、グレープフルーツ、ベルガモット、ゆず etc.

 

ですが 柑橘系の精油には 

 

「皮膚トラブルを起こしかねない”光毒性”の危険があるのです」

 

私もアロマテラピーの教室で 生徒さんに

 

「柑橘系の精油には ”光毒性” を引き起こすおそれのある

 

”フロクマリン類”が含まれるので 日中の肌への使用は

 

注意しましょう!」と 説明します

 

 

今回紹介する実験では 

 

「”光毒性”の強さは種類によって大きな差がある」という事が判明

 

 

まず ”光毒性”を初めて聞いた方

”光毒性”とは 光感作物質(ここでは精油)を肌につけた状態で

 

日光に当たると 「炎症」や「色素沈着(しみ)」などの皮膚トラブルが

 

起こること 紫外線と光感作物質の反応です

 

柑橘系精油に含まれる光感作物質はフロクマリン類に分類される

”ベルガプテン”という成分です

 

 

さて アロマテラピーを勉強したなら知っている 

 

”光毒性” と ”ベルガプテン”

どの精油にどのくらい含まれているか?

 

ご存じですか?

 

ベルガモットが一番多い・・・くらいですよね

 

 

今回の実験で ミカン科のベルガプテン量を比較した結果

 

1位 ベルガモット精油(526/圈

 

2位 グレープフルーツ精油(70.2/圈

 

3位 ネロリ精油(10.5/圈

 

4位 ベルガモット精油FCF(7.3/圈

 

5位 ライム精油(3.9/圈

 

6位 ユズ精油【圧搾法】(3.1/圈

 

7位 レモン精油(1.5/圈

 

オレンジスイート、プチグレン、マンダリン、ユズ【水蒸気蒸留法】は 検出されなかった

 

*IFRA(国際香粧品香料協会)の基準では15/圈ppm)以下であれば安全とされています

 

私的には ちょっと驚きの結果がありましたがーん

 

ネロリに含まれてるんです!!

 

そして フロクマリンフリーとされるベルガモットFCF精油にも

 

残留しているのですね

 

IFRAが大丈夫!!と言っていても

 

ネロリにも含まれているこの事実・・・

 

美肌に良いですよ〜と言われる精油だけに・・・

 

ちょっと残念

 

あとは 個人の判断にゆだねられますが・・・

 

皆さん この結果を踏まえて 精油をトラブルなく楽しく使ってくださいねハート

 

*くどいようですが 肌に使用した場合の光毒性

 芳香浴にはなんら問題ないです ご安心を!!

 

論文:沢村正義 他 「精油中のフロクマリン分類」

  (アロマテラピー学雑誌17(1)39-47,2016)より

 

 

 

 

 

 

 

 

働く人々のアロマテラピー

昨年12月から 労働者が50人以上いる事業所では

 

「ストレスチェック制度」の導入が義務つけられました

 

 

働く人々の「メンタルヘルスの重要性」が意識されるようになりました

 

言い換えると 「ココロの不調」を訴える人が増えたということ

 

働く人々はつねに『緊張状態』にあります

 

つまり交感神経が優位な状態が続くということ

 

交感神経が優位な状態が続くと 心身ともに消耗します

 

だから 身体も心も休息が必要になります

 

さて あなたはどのように「心の休息」をしますか?

 

改めて「心の休息」と言われると 考えてしまいますね

 

簡単に 言葉で説明すると

 

「心の緊張を解き、質の高い睡眠を取ることで

 

不安やイライラを軽減すること」

 

そう『リラックス』です

 

副交感神経を優位な状態にするのです

 

仕事の合間に「質の高い睡眠」は無理なので

 

「短時間に副交感神経を優位」にできればいいわけです

 

有効な手段が

 

_山據淵螢坤潺ルな振動)

 

 

9イな香り  です

 

 

やっとアロマテラピーの登場です

 

「短時間」というキーワードが大切です

 

アロマテラピーはデスクでも外出先でも

 

取り入れやすいうえ

 

嗅覚というすばらしい感覚を使うので

 

脳にダイレクトに刺激を伝えてくれ

 

一瞬でリフレッシュが可能です

 

目で見えないメカニズムですが

 

ほかにも好影響を期待できます

 

慢性ストレスによって 精神安定に必要なセロトニン

 

(神経伝達物質)が抑制されることがわかっています

 

リラックス作用のある精油を取り入れることによって

 

セロトニンの分泌促進が期待できます

 

つまり 「落ち着く」 ということ

 

そのうえ セロトニンは睡眠に大切なメラトニンの原料

 

となるため分泌が促進されれば 

 

睡眠に問題を抱えている人々の助けになるかもしれません

 

薬とは違い副作用もなく 実践しやすいのがアロマテラピー

 

専門家に相談して取り入れてみませんか?

 

 

 

 

働く人のアロマテラピー

健康に注意していても 不調は起こるものです

 

現代の働く人々に多い慢性的な不調は

 

仝こり

 

腰痛

 

ドライアイ  の3つだそう

 

 

これらの症状は 同じ姿勢で長時間パソコン作業を

 

続けることで起こりがち

 

現代では業種を問わず パソコン作業は必須

 

働く人々に限らず 誰をも襲う「不調」といえそうです

 

では どのようにすればこの「不調」を軽減できるのでしょうか?

 

『肩こり』『腰痛』には「適度な運動」が欠かせません

 

『ドライアイ』『心身の不調』には「リラックスタイム」が重要です

 

よく耳にする「適度な運動」とはどんな運動?

 

理想的なのは 「筋力トレーニング」「有酸素運動」「ストレッチ」

 

をバランスよく行うこと

 

「筋トレ」「ストレッチ」は毎日10分程度

 

「有酸素運動」は20分から30分を週2〜3日

 

無理なら どれか一つを交互に毎日実践してみませんか?

 

こわばっている部分をほぐすには 動かして血流を促すことが一番です

 

今 まったく運動をしていない人は

 

まず 身体を動かすことを習慣にすることからはじめてみましょう

 

 

長くなったので リラックスとココロの休息は次回に・・・

 

 

 

 

 

 

春のココロをサポートするアロマ
若葉が目にまぶしい春

新しい事への期待でワクワクする季節キラキラ

・・・けど4月後半から6月にかけて要注意!

進学・就職・異動・転勤などで

生活環境や人間関係が変化した方・・要注意!

新しい環境に適応しようとして

神経の興奮状態が続いているかもしれません

神経の興奮状態が続くと・・・

*イライラ
*不眠
*無気力
*神経過敏

などココロの不調が現れ出します

その上、春ならではの

花粉症・寒暖の差などの体調の不安定も

ココロの負担になるものです

こうした春のココロの不調を和らげてくれるのが

アロマテラピーです!


キーポイントは「自律神経のバランス正常化」です

環境の変化がおこると

自覚していなくても”心身が緊張状態”になります

この緊張状態が長引くと”交感神経”の過剰優位状態が続き

引いては免疫機能の低下を招きます

心身の健康維持には「自律神経のバランス」を整えることが不可欠なのです

そこでアロマテラピー 香りの登場です!

”好きな香り”を嗅ぐと”いい香り〜”と感じ

”副交感神経”を優位にするように働き出します


そうすることで緊張状態にあった心身をリラックスさせてくれます

緊張状態から解放されることで不調を和らげることが期待できます!!

「”好きな香りを嗅ぐ”だけでいい」なんて簡単で素晴らしい!

と思いませんか?

おススメの香りはひらめき

*オレンジ・スイート
*グレープフルーツ
*ペパーミント
*ラベンダー

などですが 「好きな香り」が一番です!

ショップなどで香りを確認してから取り入れましょう!

選ぶ際は専門知識のあるアドバイザーなどから説明を受けて

購入すると安心ですね!!

アロマテラピーをうまく取り入れて

輝く季節”春”を健やかに過ごしましょうゆう★



 
ウェザーアロマ
やっと 地区イベントの2つ目のセミナー報告です。

アロマセラピストでもあり気象予報士でもある

市丸 数馬さんが提唱する「ウェザーアロマ」

について講義がありました。

市丸さんがいう「ウェザーアロマ」とは

”事前に気象変化を予測すると同時に 引き起こされる

心身の不調も先読みすることで、予防・緩和が可能。

天気同様、自然の力であるアロマテラピーで対応する

というところに意味がある。”

というもの。

確かに 気圧や気温・湿度の変化が引き起こす不調は多いですよね。

おもしろい着眼点です!

予防・緩和に使えるのもホリスティックな感じでいいです。

ポイントとしては

ゝぐ機Φげ垢覆匹諒儔修鉾爾ι堋瓦魎墨造垢訐彩を知っておくこと

⊆分が不調になる原因を知っておくこと

E卦ね淑鵑鮹里辰討くこと

この組み合わせで、天気で引き起こされる不調は緩和できるかも・・・

と思いました。

もっと詳しく知りたい方は

サロンへお問い合わせください→http://a-drops.com




 
学術論文の読み解き方
AROMA SEMINAR  2015 IN鹿児島

野田 信三先生の講演の内容をご紹介します

このセミナーは(公社)日本アロマ環境協会主催(以下 AEAJ)です

AEAJには「アロマテラピー学雑誌」というものがあります。

これはアロマテラピー関連の科学者の論文の発表の場となっています。

論文の数の変化として、1960年以前は年に数本の論文しか発表されていませんでした。

1960年から1970年代に一時的に増えます。

理由はガスクロマトグラフィーの開発があったからです。

ガスクロは精油の成分の分析に役立ったからです。

その後2004年に嗅覚受容体の研究がノーベル生理学・医学賞を受賞してから

急激に論文の本数が増えたそうです。

・・・・で科学者でない私たちがこの論文を少しでも理解しやすいようにと

先生がご説明くださいました。

論文の結果はグラフを読むことが出来れば ほぼ理解できるとのこと。

グラフをしっかり見ましょう矢印上

先生いわく私たちアロマセラピストも色々な情報や結果を

なるべく数値化するように・・・とのことでした。

そうすれば、良い結果を論文にして多くの人に知ってもらうことができる!と。

納得びっくりでしたが、数値化が苦手な私でした・・・kyu

 
オレンジ・スイート精油で集中力UP!
最近 精油の働きを科学的に証明する動きが活発ですね。

受験シーズンがやってくる時期に朗報です!

オレンジ・スイート精油を嗅ぐことで学習効果が高まる傾向にある

という研究結果が出たようです。

*実験は小学生が対象
*精製水を嗅ぐ群とオレンジ・スイート精油を嗅ぐ群とで比較
*百ます計算の誤答を比較
*心理状態も比較

<結果>
オレンジ・スイート精油を嗅いだ群の方が、計算ミスが約3割少ない
という傾向が見られた

オレンジ・スイート精油が小学生の気分に好影響を与え
学習しやすい精神環境に変化させる

<理由>
「計算」という知的作業は脳の前頭葉を使う
オレンジ・スイート精油の香りによって前頭前野の血流が増加し
その働きが高められる


勉強の時、試験前にも簡単に取り入れられます!
学習時にはディフューザーで芳香浴
外出時にはアロマペンダントやティッシュに1滴など
集中力を上げて、気分を試験に向かわせてくれます!

*ただし 試験会場では他の人の迷惑になるといけないので
 使用は控えましょう

それにしても オレンジスイート精油って万能ですね
以前は安眠に良いとご報告しましたが
今回は集中力 
まだまだ秘めた力を持っているかもしれませんね
精油を選ぶ際には、確かな品質の物を選ぶことが肝心です
信頼できるスタッフ・メーカーを探しましょう