アロマテラピーのプライベートサロンをやっています。
精油の事やサロンの事を書いています!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 光毒性について | main | 臨床アロマテラピーの工夫と実践 >>
自然治癒力を高める呼吸&睡眠法

12月に参加したセミナーの内容です。

(遅くなってスミマセン汗

 

東洋医学からみた呼吸法&睡眠法についてです。

 

,泙困賄賤琉絣悗隆靄棔慇叉は澄戮里海函

 

『気』とは天地間を満たし、宇宙を構成する基本と考えられるもの。

 

森羅万象の根本であり、人体を生成し生命維持をおこなう・・・

 

私はエネルギー体ということだと理解しました。

 

『精』これは人体内に存在し、体外から『気』を取り込み

 

精気を体内に巡らせることで、臓器を栄養する・・・

 

これが『精気論』という考え方。

 

『精』には先天の精(両親より得た精)と後天の精(食事や呼吸により得る精)

 

があるらしい。

 

精は後天的に伸ばすことができるらしいので精進するというのかもね〜

 

『経絡』とは、『精気』の通り道で、『経穴(ツボ)』は『気』を取り込むポイント

 

鍼灸・按摩・指圧・漢方薬は『精気』を巡らせる方法となる。

 

『精』が多く溜まる部位は、『骨』と『関節』なんだそう。

 

『精気』を体内で巡らせるために必要なことは『食事』と『呼吸』!!

 

滞りは良くないので巡らせないといけない、これは色々な考え方に共通しますね〜

 

△海海ら呼吸法について

 

自然治癒力を高める呼吸法は

 

1.鼻呼吸

2.腹式呼吸

3.ピストン呼吸

 

鼻は吸った空気から菌を取り除き、温度・湿度を最適な状態にして

 

肺へ送り込みます。

 

それに比べ口呼吸は弊害があります。

 

まず口は消化器なので、菌を取り除くフィルターが存在しない。

 

温度・湿度調整もできないので外気をそのまま肺へ送る。

 

口が乾燥する、冷えると扁桃腺がダメージを受け、免疫力低下の可能性も。

 

だから、鼻で呼吸を!

 

私もだけど、現代人は本当に呼吸が浅い! 呼吸することを意識した方が良いですね

 

今度は睡眠法

 

寝具の選び方・・寝返りをうちやすいものを(寝返りは大切らしいです)

 

室温は一定にしておく方が良い。

 

お腹に腹巻き  くるぶしを守るために”くるぶしくつした”を!

 

睡眠時に靴下をはくと、体温調節が上手くいかず

 

睡眠の質を下げるおそれがあります。

 

そこで つま先はあいている”くるぶしくつした”が良いらしい。

 

私も作ってみました。

 

くるぶしくつした

(つまさきを切って使います)

 

睡眠は本当に大切です! 私は睡眠に良いことはなるべく取り入れます!!

 

★まとめ★

 

日常から鼻呼吸・腹式呼吸を心掛ける。

 

三首を温める。(首、手首、足首)

 

寝る時は快適環境をつくり、腹巻き・くるぶしくつしたで寝る。

 

寝る時も鼻呼吸!

 

これで 感染症に負けない自然治癒力を手に入れられる!!

 

(以上 AEAJアロマセミナー鹿児島 和奏漢方堂院長:橋本和也氏のセミナーから)

 

私は、以前から冬場は腹巻きしています。

 

今回 自作した”くるぶしくつした”をはいて寝るととても快適です!

 

起きた時に、今までより冷えを感じません。

 

使い古しの靴下で作れますので是非お試しを!!

(作るってほどじゃないです、切るだけだから・・・)

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.aroma-drops.chu.jp/trackback/37
TRACKBACK